庄内フォトジェニックポイント

酒田市美術館

酒田市美術館さんに取材に行きました (施設内撮影/北風加奈)

飯森山の緑に囲まれた広大な敷地内にある
自然との調和がすばらしい美術館です。

ロビーやカフェの窓から晴れた日は鳥海山が見えるロケーションで
展示の鑑賞以外にもカフェでホッと一息、や美術館の周辺を散歩しているかたも多いのではないでしょうか。

 

年に何度か企画されている特別展示は庄内でみることができるのが貴重な展覧会が多く、
見応えがあります。取材時は展示期間中で展示室の写真撮影はできませんでしたので、ロビーなどの様子をどうぞ。

酒田市所蔵の作品群や、新田嘉一氏コレクションなど
美術館収蔵の作品の公開も特色となっています。

美術館の設計は池原義郎氏。西部ライオンズ球場や西武遊園地、早稲田大学所沢キャンパスなどで著名な建築家です。
芸術性にあふれるこだわったディテールが随所に見られ、それが自然に調和し
普段とは違う異空間にいながらも窮屈な異質な感じを覚えない、ほっとする空間になっていると感じます。

↑ここからは日常を超えた異空間、という入り口のキャノピー(天蓋てんがい)も特徴的です。

 

館内全体は窓が多く、

美術館にはなかなかない、光が差し込み
中にいながらも外界を感じられる大きなガラス窓や、
天井には空が、足元には様々な質感と色の大理石


壁には木目模様やアンモナイトなどの化石があしらわれ


足元から天井へ向かう照明は植物か鳥のはばたきのように

この辺りも楽しんでもらえるとより広がるかもしれません。

 

ぜひ足を運んでもらいたいのが常設展示室。

そちらまでの回廊はぐっと日本的に変化していて
美術館の特色の一つになっています。

能の作品が展示してある展示室へ向けて、能の舞台へ足を運ぶかのように
緩やかに下りになっています。

窓の両側は笹や桜、椿などの日本的な植物が植えられ、こちらも四季折々楽しませてくれます。

常設展示室の天窓は
美術品にあまり影響のないように空の光を映し、見る日の時間帯や天気によって表情を変えます。

随所に配された芸術品やモニュメントを目にしながら
外の眺めをみたり、季節の変化を感じられるつくりで、ゆっくり時間を過ごすことができます。

うかがった時はクリスマスシーズンで飾りがありましたが、
館内に箱窓のようになっているスペースがいくつかあって、見上げれば雨の波紋までも
鑑賞できる外の様子も合わせて館内を歩きながらも芸術的な気持ちにひたれる工夫が随所にあります。

 

喫茶モンマルトルさん  (モンマルトル内撮影 /佐々木 聖紀)

こちらは軽食もあり、平田牧場のお肉を使った本格的なメニューも味わえます。


景観がよく、鳥海山と彫刻家安田侃の作品「翔生(しょうせい)」が見える眺めが自慢です。
冬は雪景色ですが、晴れれば鳥海山が見えるそうです。

過去に私が撮影したものです↓ 秋、初夏の写真です。彫刻家安田侃の作品「翔生(しょうせい)」と鳥海山。(以下3枚撮影/北風加奈)

 

窓際でコーヒーを飲みながらゆっくりと過ごす方が多いそうです。

コーヒーや季節のケーキも上質で、喧騒を忘れた良い時間を過ごせました。

喫茶内の季節のお花や演出もいつ行っても素敵です。

入館と喫茶のセットになった料金もありました。料金は展覧会ごとに違うので受付で聞いてみてください。

喫茶は朝からあいていますが、軽食は食べられる時間がお昼どきからですのでご注意下さい。

こちらにあげたメニュー、料金、時間等は2021.1月現在のものです。季節ごと変更になりますので館内でご確認ください。

 

酒田市美術館HP

2月のイベント↓

いわさきちひろ ピエゾグラフ展

 

 

関連記事

  1. 落ち口の滝
  2. 道の駅 鳥海ふらっと 
  3. 創造の森の八重桜
  4. 本間美術館 
  5. 旧名川橋 周辺
  6. 温海川かたくり園・水芭蕉園
  7. 足湯 湯っ足
  8. サン・スポーツランド遊佐

おすすめ記事

羽黒山 五重塔 (ライトアップ)

祓川神橋から間も無く、爺杉の向こうに見える国宝五重塔。高さ29.9m。創建したのは平将門…

羽黒山 爺杉

祓川神橋をわたると間も無く左手に爺杉が見えてきます。樹齢1,000年…

羽黒 随神門〜須賀の滝

羽黒山へ登る入り口 「随神門」鳥居をくぐると現在は入って…

がぶり

PreviousNext写真クチコミ店舗情報店名居酒…

お仕度店 Raffine (ラフィネ)

PreviousNext写真クチコミ店舗情報店名お仕…

e-TownsLOVE庄内アプリ!

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。