庄内フォトジェニックポイント

松ヶ岡開墾場

2017年4月、日本遺産に認定された「サムライゆかりのシルク 日本近代化の原風景に出会うまち鶴岡へ」のストーリーの

中心となっているのが松ヶ岡開墾場。

認定後、日本遺産構成地としての整備が進められています。

日本遺産 サムライゆかりのシルク

2021年には松ヶ岡開墾から150年という節目を迎え、

50年を記念して植えられた桜は100年を超えたの大木となり、今もなお見事な花を咲かせています。

地図

 

松ヶ岡本陣は開墾事業の本部で旧庄内藩主酒井家のゆかりの館です。

本陣側には池と神社さんが。

松ヶ岡本陣側門より

門内車は通れません。車は開墾場から一本手前の道を曲がって裏手の大型駐車場へ。

駐車場にトイレ、日本遺産インフォメーションセンターもあります。周辺は農地なので通行にご注意ください。

一番蚕室は現在、「松ヶ岡開墾記念館」となっていて、1階で鶴岡の絹産業の歴史など、2階で土人形などのコレクションの展示をしています。

本陣と記念館内の見学は有料となっています。音声ガイド、英語表記ありです。

向かい側の二番蚕室は「一翠苑(休憩、軽食)」「直売所ひょうたん」「kibisoショップ」となっていて

立ち寄りスポットとなっています。

施設詳細について▶︎松ヶ岡クラフトパーク

第三蚕室

三番蚕室の向かいは 桑を蓄えた土蔵で、

現在は松岡窯陶芸教室 陶の蔵となっていて、陶芸体験のできる施設となっています。

陶芸教室と四番蚕室の間から松ヶ岡にできたワイナリーに「ピノ・コッリーナ」へいくことができます。

四番蚕室(現在閉鎖、内部公開のため新設中)

四番蚕室向かいは酒井家の旧蚕室で寄宿舎として使われていた建物。

現在は「くらふと松ヶ岡 こぅでらいね」として、クラフトショップ、ギャラリー、ワークショップ体験など行っています。

例年見頃は4月中旬からで、例年桜まつりがおこなわれ、クラフトショップ、飲食ブースなどが土日に出店します。

今年について、最新情報はこちらから つるおか観光ナビ 松ヶ岡開墾場

駐車場側の門より。左手が四番蚕室、右手が五番蚕室。

見頃の時期は夜は蚕室付近のライトアップがおこなわれる。

冬季も雪灯篭まつり、ライトアップがおこなわれる。(撮影2021年2月14日)詳しくは開墾場へお問い合わせを。

2021年は医療従事者への感謝を込めてブルーのライトアップでした。

4月上旬は、本陣から先へ少し歩いたところにあるミズバショウ園も見頃なので、ぜひ。(駐車場あり。数台止められます)

羽黒町観光協会 松ヶ岡開墾場

関連記事

  1. 鶴岡市加茂 海印寺
  2. サン・スポーツランド遊佐
  3. 「庄内の美景」好評販売中!
  4. 月山あさひ博物村 かたくり園
  5. 加茂港 赤灯台
  6. 鶴岡公園の夜桜 Evening cherry blossoms …
  7. 楯山公園
  8. 大山 下池(しもいけ)・湖畔遊歩道Ohyama Shimo-ik…

おすすめ記事

森の癒し 散策と体験旅

ただいまページ製作中です。松山歴史公園自家焙煎珈琲店 草木舎洞瀧山 總光寺…

808泉屋

PreviousNext写真クチコミ店舗情報店名80…

有限会社 菅原物流

PreviousNext写真クチコミ店舗情報店名(有…

家庭教師協会

まちの定食屋 山王夢食堂

PreviousNext写真クチコミ店舗情報店名山王…

e-TownsLOVE庄内アプリ!

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。