庄内フォトジェニックポイント

浄禅寺

<取材・文/e-Towns編集室 北風加奈>

<写真撮影/佐々木 聖紀>

取材、写真は2021年5月のものです。

 

室町時代、1474年に浄土真宗蓮如上人のお弟子さんが越前(福井県)より聖徳太子尊像を与えられて

この加茂の浦に着き、高館山のふもと(通称 東山)に「寂蔵寺」と称した草庵を結んだのが始まりで、
加茂の今の地に移って1672年、江戸時代に京都の本願寺より「浄禅寺」の寺号を賜ったとのことです。

石段をあがって、高台に上がると↑1700年代に寄進された山門があります。

山門を入ると手入れの行き届いたお庭に四季折々の花々が。取材に伺った時は、白つつじがきれいでした。

太子堂。聖徳太子に関わる文化財があるとのことです。

山門のところにはベンチがあり、いまも変わらぬ加茂のまち並みを眺めながら

休憩していく人も。

お寺の中に入ると1790年に兵庫県の船講中から寄進された喚鐘(かんしょう)を見ることができます。

昭和の末頃までお寺の中で使用していたそうです。

戦後を代表する女流詩人 茨木のり子さんが眠るお寺だそうで、

ゆかりの書籍などもお寺の中にありました。

 

 

鶴岡市加茂地区自治振興会HP

 

関連記事

  1. サン・スポーツランド遊佐
  2. 冬の日もあたたかく 日帰り温泉グルメ
  3. 鶴岡公園の夜桜 Evening cherry blossoms …
  4. あぽん西浜
  5. 羽黒特集 夏の元気をもらえる景色に会いに行こう
  6. 蝦夷舘公園 えぞだてこうえん
  7. 本間美術館 
  8. 庄内の美景 紅葉フォトギャラリー2020

おすすめ記事

羽黒山 五重塔 (ライトアップ)

祓川神橋から間も無く、爺杉の向こうに見える国宝五重塔。高さ29.9m。創建したのは平将門…

羽黒山 爺杉

祓川神橋をわたると間も無く左手に爺杉が見えてきます。樹齢1,000年…

羽黒 随神門〜須賀の滝

羽黒山へ登る入り口 「随神門」鳥居をくぐると現在は入って…

がぶり

PreviousNext写真クチコミ店舗情報店名居酒…

リラクゼーション LaLaLa

写真クチコミ店舗情報店名リラクゼーション LaLalaお…

e-TownsLOVE庄内アプリ!

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。