特集記事

世界で活躍する英語力を育てる「J PREP 斉藤塾」 斉藤 淳代表に伺いました

世界で活躍する英語力を育てる
「J PREP 斉藤塾」 斉藤 淳代表に伺いました。

大学や留学で「学ぶための英語」を身につける英語教育を。教育事業を通じて庄内を活性化。

 

斉藤 淳
1969年酒田市生まれ。
上智大学外国語学部英語学科卒業。
イェール大学大学院政治学専攻博士課程修了、PhD。ウェズリアン大学客員助教授、フランクリン・マーシャル大学助教授を経てイェール大学助教授、高麗大学客員教授を歴任後帰国、J PREP 斉藤塾を起業。
2014年に発売された『世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法』と『10歳から身につく問い、考え、表現する力』がベストセラーとなる。
2015年度は、NHKラジオ『基礎英語2』で作文指導の連載も担当。

海外の大学で政治学を教えていた際、日本の学生が英語を学ぶことで精一杯で、英語を使って学問を学ぶレベルに至っていないことを痛感しました。
酒田に住む母の介護をきっかけに帰国して、日本の英語教育に携わり、英語を知識として学ぶこれまでの学習スタイルではなく、英語の運用能力を伸ばす英語塾を設立しようと思ったんです。

5年前に開塾して、酒田、東京の自由が丘と渋谷で2,200人を超える生徒数になりました。英語ネイティブと日本人講師による少人数制クラスで、ディスカッション、英作文など自分の考えを表現する能力を育てています。昨年7月から酒田駅前に塾を移し、英語教材も開発、全国へ発信しています。

ここ酒田校で塾全体の技術開発をし、東京へ情報提供、カスタマーサポートも行っています。プログラマーやシステムエンジニアなどが酒田で勤務、英語教材アプリなどの開発も行っています。
庄内に住みながらも、人々が必ずしも知識、経験を生かし切った生活をしていないこともあると感じます。塾で未来の人材を育てながら、企業としては地域のクリエイティブな人材、種々の技能を持つ人たちを生かす役割を担って雇用を産み、庄内から流出した人材を呼び戻したり、優秀な人材を新たに呼ぶことに貢献をしたいと思っています。

 

開塾当初から酒田校でJ PREP斉藤塾を支える
スタッフの定成さんから仕事について聞きました。

快適なオフィスと外資系のように自由闊達な社風。J PREPの躍進を支える酒田校。

以前は庄内を出て働いていたのですが、斉藤代表と出会って魅力的な企業だと希望が持てたので、庄内に戻る決心をしました。昨年出産して育休も十分にいただきました。
育児をしながらも働きやすい環境を与えていただいています。代表の理念や会社のフレキシブルな雰囲気が好きです。
酒田校も東京本社同様の機能を果たす重要な拠点であり、自分に与えられた仕事がダイレクトに効果となって現れるのでやりがいがあります。
一緒に働くスタッフもみんな会社が好きですね。企業として成長途中なので、生徒も増えて一緒に働く仲間も増えていく喜び、常に前に進んでいく喜びを感じています。

 

【酒田校のロビー】
代表の著書も含む蔵書ライブラリー。生徒の自習や、スタッフミーティングなどに利用できるスペースとなっている。窓の外には酒田駅前の風景が広がる。

 

【酒田校カスタマーサポートセンター】
東京の塾生のサポートもここで行っている。教材や塾に関する様々な問い合わせに応対する。

 

 

店舗情報

J PREP 斉藤塾 酒田校

「運営スタッフ」募集中!お気軽にお問い合わせください。

■電話番号
0234-26-3253

■住所
〒998-0023 酒田市幸町1-3-1 第1庄交ビル4階

■定休日
不定休

■営業時間
12:00〜20:00

 

地図

 

関連記事

  1. 泡滝ダム(あわたきダム)
  2. 高瀬峡 
  3. 大平山荘 おおだいらさんそう
  4. 手打ちそば 鳳来(ほうらい)
  5. みんなの紅葉フォトギャラリー
  6. 森の公園 遊ぽっと (ゆうぽっと)
  7. とりみ亭
  8. 産直どんでん畑

おすすめ記事

泡滝ダム(あわたきダム)

荒沢ダムからさらに大鳥方面へいくと、朝日連峰大鳥登山口のある泡滝ダムへつきます。そこまでの道…

みんなの紅葉フォトギャラリー

みなさんのご応募お待ちしております…

鳥海湖

鳥海山の7合目には、噴火でできた湖があります。「鳥海湖」と呼ばれています。そこまでの登山はい…

高瀬峡 

片道約50分ほどのハイキングコースです。途中トイレがないので、駐車場で済ませておくことをおす…

月山高原 秋の収穫祭 参加受付開始!

毎年開催の月山高原秋の収穫祭が今年も開催されます。参加申し込み(先着50名):10/12(月…

e-TownsLOVE庄内アプリ!

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。