庄内フォトジェニックポイント

羽黒 随神門〜須賀の滝

羽黒山へ登る入り口 「随神門」鳥居をくぐると

 

現在は入って左手に、お守りやお札など受け付けています。道中の問い合わせなどもこちらでどうぞ。

 

朱塗りの随神門 詳しくは→https://hagurokanko.jp/facility/zuishinmon/

神仏分離以前は仁王門と呼ばれ仁王像が安置されていたそうです。詳細→https://nihonisan-dewasanzan.jp/spot/羽黒山の随神門/

随神門から入って石段をおりていきます。もうすでに空気が違います。山頂まで行く石段でここが唯一の下りです。

夏もひんやりとした神聖な空気
途中の社にも案内板があるので由縁を知りつつ歩くのもいいです。

朱塗りの「祓川神橋」(はらいがわしんきょう)この辺りまでは冬も比較的容易に長靴で来ることができます。過去に数回掛け替えをされているそうです。

雪の時期もいくことができますが、除雪していません。長靴必須です。

神橋の擬宝珠(ぎぼうしゅ)と祓川・須賀の滝。

 

祓川は月山を源とし流れる川で、この区域だけ、祓川(はらいがわ)と呼ばれています。

古の出羽三山に詣うでる人々がここで身を清めたのだそうです。

祓川の前に、注蓮掛桜があります。参詣の道者が肩にかける注連(細い紐で編んだもので「神域との結界」をあらわし、山に入る際の魔除けとしたものだそうです)を、

身を清める際に、ここに掛けたのだと聞きました。

注連縄のしめ方は、7本・5本・3本の縄を通してぶら下げる七五三掛で行われることから、別名「七五三縄」とも呼ばれ、湯殿山に注蓮寺、七五三掛桜があるのも感慨深いですね。

石の端からの祓川清流。

須賀の滝。

1654年に天宥別当が月山六から約8キロ水を引いて作ったそうです。神仏分離令の時代までは不動滝と呼ばれていて、

不動尊の祠があります。詳しくは→https://www.tsuruokakanko.com/spot/1663

ここからさらに先に進み、爺杉、五重塔方面に向かいます。

 

関連記事

  1. 三川町 菜の花畑
  2. 楯山公園
  3. 新井田川沿い 郵便局本局付近堤防
  4. 赤川土手 グランド側
  5. 舞鶴公園
  6. 鶴岡市加茂 妙定寺
  7. 白井新田 藤井ひまわり畑 (藤井公民館)
  8. 鶴岡市加茂 日和山

おすすめ記事

羽黒観光月山ガイド

料理屋 ゆう禪

リサイクルショップ くるくる

Ulu hair

hair salon Ren

e-TownsLOVE庄内アプリ!

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。