未分類

羽黒 随神門〜須賀の滝

羽黒山へ登る入り口 「随神門」鳥居をくぐると

 

現在は入って左手に、お守りやお札など受け付けています。道中の問い合わせなどもこちらでどうぞ。

 

朱塗りの随神門 詳しくは→https://hagurokanko.jp/facility/zuishinmon/

神仏分離以前は仁王門と呼ばれ仁王像が安置されていたそうです。詳細→https://nihonisan-dewasanzan.jp/spot/羽黒山の随神門/

随神門から入って石段をおりていきます。もうすでに空気が違います。山頂まで行く石段でここが唯一の下りです。

夏もひんやりとした神聖な空気
途中の社にも案内板があるので由縁を知りつつ歩くのもいいです。

朱塗りの「祓川神橋」(はらいがわしんきょう)この辺りまでは冬も比較的容易に長靴で来ることができます。過去に数回掛け替えをされているそうです。

神橋の擬宝珠(ぎぼうしゅ)と祓川・須賀の滝。

祓川は月山を源とし流れる川で、この区域だけ、祓川(はらいがわ)と呼ばれています。

古の出羽三山に詣うでる人々がここで身を清めたのだそうです。

祓川の前に、注蓮掛桜があります。参詣の道者が肩にかける注連(細い紐で編んだもので「神域との結界」をあらわし、山に入る際の魔除けとしたものだそうです)を、

身を清める際に、ここに掛けたのだと聞きました。

注連縄のしめ方は、7本・5本・3本の縄を通してぶら下げる七五三掛で行われることから、別名「七五三縄」とも呼ばれ、湯殿山に注蓮寺、七五三掛桜があるのも感慨深いですね。

石の端からの祓川清流。

須賀の滝。

1654年に天宥別当が月山六から約8キロ水を引いて作ったそうです。神仏分離令の時代までは不動滝と呼ばれていて、

不動尊の祠があります。詳しくは→https://www.tsuruokakanko.com/spot/1663

ここからさらに先に進み、爺杉、五重塔方面に向かいます。

 

関連記事

  1. 四季の森 しらい自然館
  2. 2020 No.198 読者のお便り(e-Townsの感想)
  3. 鶴岡アートフォーラム
  4. 新緑ドライブ&トレッキング
  5. 庄内1DAYとりっぷ 大山で自然観察あるき
  6. e-Townsアプリ掲載店様用情報送信フォーム
  7. 庄内空港緩衝緑地 花のゾーン
  8. 湯田川温泉 梅林公園

おすすめ記事

Oral care salon Lycka

Gardenia(ガーデニア)美髪&spa

大人女性の髪の悩みをまるごと解決してくれるサロンです。Gardenia(…

CP 華 Salon ワーク24

2019年10月に新店オープンしました!快適なベッドでエステを受…

ヘアカラー専門店 B’s color(ビーズカラー) 鶴岡エスモール店・酒田イオン南店

月山高原 秋の収穫祭について

 10月に予定しておりました「月山高原 秋の収穫祭」…

e-TownsLOVE庄内アプリ!

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。