庄内フォトジェニックポイント

湯の台温泉 鳥海山荘

鳥海高原でランチできるところ、といえば

こちら。湯の台温泉「鳥海山荘」さんの中にある「レストラン ブナの森」

11:00〜14:00(ラストオーダー13:45)

↑入り口付近

落ち着いた雰囲気のレストランで、各席の窓からは鳥海山の頂きが見えます。

小上がりやベンチ席などもあり、家族やカップルもゆったりお食事できます。

一番最初に私が訪ねたのは昨年(2019年)でした。

その時、私がひかれて食べたのは

「酒粕香る鶏肉のヨーグルト味噌焼き定食」850円

鳥海高原ヨーグルトと麓井酒造さんの大吟醸酒粕に漬け込んだという鶏肉が

まろやかで優しい味でした!高原らしいランチでおすすめです。

「庄内豚のまろやかヨーグルト仕立てランチ」880円もあります。

(↓向かい側で食べている写真ですが、やわらかくておいしかったそうです)

どちらも小鉢、味噌汁、お漬物、コーヒー付きで

高原で食べるのにとてもよく合う、まろやかなお肉のランチです。

そして、この春は、『山荘』としっかり名前のついているメニューを食べてみました!

「山荘カレー」サラダ付き 700円

スパイスが効いていながらフルーティーな甘さを感じました。おいしかった!

「山荘ラーメン」 650円 (小盛りもできます550円)

ワカメがポイント。甘めの味のチャーシューが少し背脂の浮いたスープに効いて、さすが高原のラーメン。さわやかな雰囲気にばっちりでした。

支配人さんにうかがったら、

おすすめは「季節の彩ランチ」1,000円

四季により内容を変えて、料理長厳選の素材で味わえるお食事。

「季節の彩ランチ」 画像協力/鳥海山荘さん

8品も違うお料理がお弁当のような器に入って贅沢なランチ。コーヒーやデザートまでついています。
こちらは日時、人数をご確認ご予約の上、ぜひ。

その他、ホットコーヒー、アイスコーヒーやデザートなどの喫茶でもゆったりと利用できます。

取材を終えて、帰ろうとしたら、支配人さんから

せっかく取材だからお風呂を、とおすすめいただき、

温泉大好きの私、入らずにいられずお風呂へと参りました!

浴室画像協力/鳥海山荘さん

男女浴室ともに、見晴らしの良い露天風呂もあり!

浴室画像協力/鳥海山荘さん

晴れた日には月山、日本海のほうまで見える眺めです。

貸切の家族風呂も奥にありました。バリアフリー で安心です。(要予約)

湯上りに脱衣所にある鳥海山の美味しいお水のサービスが

とてもうれしかったです!

すっきりと汗のひくいい温泉でした!散策などの合間に短時間でリフレッシュできそうです。また行きたいと思います。ありがとうございました!

日帰り入浴の時間や料金については湯の台温泉 鳥海山荘HP

をご覧ください。

お風呂後の待ち合わせに、コインマッサージチェアのあるラウンジをどうぞ。

フロントの奥の方に、売店と観光スポット紹介コーナーもありました。

その向かい側のトイレはバリアフリー 、おむつ交換台もありました。

玄関からはなだらかなスロープとなっていますのでベビーカーや車椅子も安心です。

入り口付近

こちらの看板が目印です↓「鳥海イヌワシみらい館」側より

「鳥海家族旅行村」側から降りてきて寄れる立地です。

夜空を眺められる星空ガーデンがあるそうで、

いつか泊まりながら見てみたいなあと思っています。

宿泊プラン各種10月限定で使える入浴得々券など

最新情報、詳細は湯の台温泉 鳥海山荘HPをご覧ください

「湯の台温泉 鳥海山荘」      酒田市草津字湯ノ台66-1

tel 0234-61-1727

湯の台温泉 鳥海山荘HP

関連記事

  1. 赤川土手 グランド側
  2. 庄内1DAYとりっぷVOL1 玉簾の滝編
  3. 鳥海山 鳥海高原ライン
  4. 市民ミュージカル 蜂子の皇子物語
  5. 赤川花火大会枡席プレゼント締め切り間近!
  6. 鳥海ブルーライン
  7. 酒田市美術館
  8. 「働き方改革」に興味のある方必見

おすすめ記事

庄内の美景 花編 2021

各スポットの写真をクリックすると各スポットの詳細ページを見ることができます。…

温海川かたくり園・水芭蕉園

あつみ温泉からは、山のほうへ進み、一霞地区や温海川ダムがある奥温海湖周辺を通り約20㎞、鶴岡…

トータルビューティサロンLavia-ラヴィア-

Previous Next 写真 …

株式会社ヒロキャリアスタッフ

Previous Next 写真 …

ENTRANCE BAGEL&COFFEE(エントランス ベーグル&コーヒー)

PreviousNext写真クチコミ店舗情報店名EN…

e-TownsLOVE庄内アプリ!

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。