庄内フォトジェニックポイント

赤川花火大会

地図

毎年楽しみにしている方も多い赤川花火大会。

鶴岡青年会議所 赤川花火大会実行委員会 主催で 毎年8月中旬ごろおこなわれています。 以前は鼠ヶ関や藤島など鶴岡の各地で花火大会をそれぞれやっていたのですが、

統合になり1991年より赤川花火大会として大きく行われるようになっています。

 

現在は特別観覧席をチケットとして販売しており人気になっています。

椅子席やレジャーシート席などその年それぞれ工夫をこらして快適に観覧しやすいようになっています。

混乱や事故を防ぐため、年々努力が重ねられています。

特別観覧席からみる花火の動画はここから すみません、スマホで縦に撮りきれないので横画像になっています。 それでも入りませんが 

 

赤川花火大会は競技会になっていますので割物の花火の競技の部と

デザイン花火やテーマ花火、市民花火など音楽に合わせた花火の部と

両方楽しむことができます。

単発の花火よりはどんどんあがる花火のほうがスマホで撮れる確率は上がります。(花火がちょうど開く見頃のポイントにスマホのシャッターを合わせるのが難しいので)

特別観覧席から撮るとかなりアップになり

花火は入りきりません。

河川敷を広く使い、打ち上げ場所を右に左に中央にと変えながら打ち上げるので

煙をさけて条件良く見れることが多いです。

動きのある音楽に合わせたデザイン花火も赤川河川敷の広さを有効に使えます。

あとは数打ちゃ当たるという感じです。

毎年のフィナーレも見ものです

 

スマホ撮影/文 e-Towns編集室 北風 加奈

アクセス等詳細はこちらから

赤川花火大会公式HP

赤川花火大会フェイスブックページ

関連記事

  1. 松ヶ岡開墾場
  2. 月山 八合目〜頂上 Mt.Gassan from t…
  3. 湯の台温泉 鳥海山荘
  4. 泡滝ダム(あわたきダム)
  5. 舞鶴公園
  6. 創造の森の八重桜
  7. 温海川沿い
  8. 出羽二見 でわふたみ

おすすめ記事

泡滝ダム(あわたきダム)

荒沢ダムからさらに大鳥方面へいくと、朝日連峰大鳥登山口のある泡滝ダムへつきます。そこまでの道…

鳥海湖

鳥海山の7合目には、噴火でできた湖があります。「鳥海湖」と呼ばれています。そこまでの登山はい…

高瀬峡 

片道約50分ほどのハイキングコースです。途中トイレがないので、駐車場で済ませておくことをおす…

温海川ダム Atsumi-gawa Dam

鶴岡市温海の一霞(ひとかすみ)地区にある「温海川ダム」「奥温海湖」と呼ばれています。折り重な…

庄内の美景 紅葉フォトギャラリー2020

↓下記リンクをクリックして各スポット詳細ページをご覧ください。鳥海ブルーライン米の粉の滝鳥海…

e-TownsLOVE庄内アプリ!

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。