LOVE庄内エッセイ 庄内が好き!

内川学

このエッセイコーナーはe-Towns発行人、北風秀明が日頃抱いている庄内への思いをエッセイにしたもののアーカイブスです。

(vol.19 e-Towns 2014年3月号掲載)

2月11日(祝)に連続講座「内川学」の第5回「昭和初期の通り丁×まちの明日を考える」にパネリストとして参加した。「内川学」は東北公益文科大学公益総合研究センターの公益研究プロジェクトの一環で、2009年から行われている。

会場はまちキネだったが、100人以上の来場があって、立ち見まで。最初気軽に引き受けたパネリストだったが、関心の高い人たちがこんなにも多いのかとその場で気づいて、急に「どうしよう」と焦ってしまった。

第一部では高谷時彦教授の基調講演、その後の國井美保研究員の研究発表があり、昔のまちなかの賑わいについての話しがあった。昔の市(いち)は、人が丹精込めて作ったものをすぐにお金に替えることを良しとはせず、神社などの神聖な場所で一度清めるというかそういう祝祭的な要素があったという。今はインターネットとクレジットカードがあれば欲しいものは何でも手に入る時代だ。物に対しての感謝の気持ちが、昔に比べると随分無くなってしまったように思った。

第二部では「まちの明日を考える」と題したパネルディスカッションだった。こちらは日頃考えていることを話させていただき、何とか役目を果たせたかなあと思う。

その日一番印象に残ったのは、まちなかというのは人間の匂いがして、人間の温かさがあって、地域の個性を作りだす場所だ、という言葉だった。市(いち)の話しと合わさって、物を買うという行為を一度見直してみようと、帰りの車で考えた。

関連記事

  1. 桜咲く!信濃屋の花見だんご
  2. おめでとう♪ 第19回 全美連 作文コンテスト 最優秀賞 受賞
  3. e-Towns8月号が発行になりました!
  4. 通信簿もらい
  5. 文化会館の思い出
  6. 絵になる「庄内カップル」
  7. 庄内の夏のうまいもの
  8. e-Towns8月号イベント情報の訂正とお詫び

読者からのおたより

おすすめ記事

クリーニングCan Day (きゃんでい)

あらゆる衣類、布・革製品の“困った”を解決してくれるまさに「衣類のお医者さん」。私も先日、白のウ…

チャームショップつるまき

お知らせSK-Ⅱより新製品登場!「RNAパワーユースエッセンス」1/21新発売です。夕方…

さかた婚活情報局Ring

酒田婚活情報局Ringのサイトはこちら→https://sakata-ring.com…

たき肉 居酒屋 和っしょい

&nbs…

寿司処 三幸

福を呼ぶ三幸の「恵方巻」、今年も2月1・2・3日限定で販売します。お電話で「e-Townsを見た…

e-TownsLOVE庄内アプリ!

PAGE TOP